みなさま、こんにちは(*^^*)

Olive Sitterです。

 

今日はとっても寒いですね☃

リードを持つ手がカチコチになりそうです笑

 

そんなときでも、

お尻プリプリしながら歩いていく愛犬ちゃん。

 

最近ではペットショップに

ワンちゃん用のダウンなんかも置いてありますよね。

 

本日は、そもそも愛犬は寒いの?というところについて書いていきますね(*^^*)

 
 

1.基本情報

 

ワンちゃんの体温は、人間よりも高いです。

小型犬で38.6~39.2度

大型犬で37.5~38.6度

体温が高ければ、人間よりも寒さに対する強さ、耐性はあります。

また被毛の分、涼しく感じる温度も人間とは異なります。

ところが、人それぞれに寒さに対する耐性が違うように、

 

2.ワンちゃんも寒さに対する強さに”差”があります。

 

真冬寒い日に、半袖でお散歩されている方を見たりしませんか?笑

人間も個人差はかなり大きいですよね!!

 

ワンちゃんの種類や状況によって

寒さ耐性は異なります。

 

寒い国で生まれたワンこ

  • シベリアンハスキー
  • アスカランマラミュートゴールデンレトリーバー
  • グレートピレネーズ、
  • バーニーズマウンテンドッグ
  • サモエド
  • コリ―
  • 柴犬
  • スピッツなど
 

上記のワンちゃんたちは、ダブルコートと言って被毛が二重の構造になっています。

だから比較的寒さには強い子たちです。

 

暑い国生まれのワンこ

  • チワワ
  • トイプードル
  • パピヨン
  • ヨークシャーテリア
  • マルチーズ
  • ミニチュアピンシャー
  • フレンチブルドッグ
  • パグ
  • ブルテリア
  • イタリアングレーハウンド
  • グレートデーンなど
 

上記のワンちゃんたちはシングルコートです。

 

また、耳が大きワンちゃんも、耳からの放熱が多いため寒さに弱いとされています。

 

寒がっていたら、寒くないようにしてあげる、

それがまずできることですよね。

 

3.どのようにしていたら寒いのでしょうか?

  • プルプル震えている
  • 背中を丸めて寝る
  • ケージの隅っこでじっとしている
  • 暖かい場所(布団や毛布)に移動している
  • 耳の先、手足の先が冷たい
  • 散歩に行きたがらない、ハウスから出てこない
  • ずっと寝ている、朝寝坊する
  • 水を飲む量が減った

 

上記のような行動で、いつもと違うな、と感じたら

もしかしたら寒いのかもしれません。

 

もし寒がっていたら寒さ対策が必要です。

寒さ対策については下記の記事を参考にしてみてください♪

 

最近では、生まれた時から暖かい室内で過ごすようになったため、

寒さに弱い犬が増えているともいわれています。

ヒトも寒い中にずっといるのは辛いですよね。

愛犬のことも温めてあげましょう。

温めすぎには要注意です(*^^*)

それでは、本日も優しい一日をお過ごしください♪

 

ペットシッター・お散歩代行【今だけカウンセリング無料!(通常5,500円)】東京・神奈川・千葉・大阪・札幌で展開中の「ワンランク上のペットシッター」です。有資格の女性シッターがあなたの大切なペットを大切にお世話します。急な出張や旅行の際にご利用ください。この広告を見た方限定のキャンペーンを実施しております。詳しくはHPをご覧ください。

HOME

 

著者プロフィール

ペットシッター・お散歩代行ならTokyo Sitter|東京都港区

庄司紗梨加(しょうじ さりか)
獣医監修ペットシッターOlive Sitterを運営するオリーブジャパン株式会社取締役 保有資格:動物取扱責任者・NPO法人日本ペットシッター協会ペットシッター士・JKC愛犬飼育管理士・免疫マッサージケアリスト