こんにちは!(^^)!

ペットシッター&家事代行のOlive Sitterです。

 

犬はいろんな所へ一緒に行けますよね!

温泉や山、海、川、カフェ。

いろんな思い出を一緒につくることができます。

 
 

一方猫さんはどうでしょうか?

猫をお散歩に連れている人はなかなか見ません。

が、実は先日お花見に猫さんを連れてきていた人を発見しました🌸

それはもう可愛かったです♡

 

さて本日は、そんな猫さんはお散歩が必要なのか、

連れていきたい場合について書いてみました♡

 
 

まず、第一に気にするのは、

1.愛猫さんがインドア派かアウトドア派かです。

生まれてからどれくらいの期間お外で過ごしましたか?

もしくは生まれてからずっとお家の中で過ごしていますか?

 

室内のみで育った猫さんは、

ベランダでも怖がったり、基本的にお外に興味がないようです。

 

また、小さいころからお家とお外を出入りしていた猫さんの場合は、

やはり普段室内のみだと窮屈感を感じているようです。

 

外に出て虫の鳴き声を聞いたり、風を感じたり、虫を見たり、、

そのようなことがストレス発散につながるのです。

 
 

必要か不要か、という問いに対しては必ずしも必要ではない。

という回答になるでしょう。

しかし、大事なのは「猫さんが楽しんでいるか」「ストレスはたまっていないか」という部分です。

 

お外にでたがるような猫さんであれば、

一緒に公園をお散歩するのも良いかもしれませんね!

 
 

2.お散歩に向けての準備

 

猫の3種ワクチン(猫ヘルペスウィルス、猫カリスウィルス、猫パルボウィルス)、

ノミ、ダニ、フィラリアの予防はしっかりしておきましょう。

外猫さんと交流した場合のことを考えて、猫白血病ウイルスのワクチンについても考えておいたほうがよさそうです♪

 

 

3.ハーネスを利用しましょう

猫さんは頭がとっても小さいです。そのため首輪だとすり抜けてしまう可能性が高いのです。

腕に通すタイプのハーネスであればより安全です。

ハーネスをつけた状態で、室内でお散歩の練習をしてみましょう。

問題がなさそうでしたらまずは近場を歩いてみるのも良いですね♪

 
 
 
 
 

いかがでしたでしょうか(#^.^#)

愛猫さんのタイプにあわせて、楽しい猫ライフを送りましょうね✨

 
 

 

ペットシッター・お散歩代行【今だけカウンセリング無料!(通常5,500円)】東京・神奈川・千葉・大阪・札幌で展開中の「ワンランク上のペットシッター」です。有資格の女性シッターがあなたの大切なペットを大切にお世話します。急な出張や旅行の際にご利用ください。この広告を見た方限定のキャンペーンを実施しております。詳しくはHPをご覧ください。
https://olivesitter.com

 

著者プロフィール

ペットシッター・お散歩代行ならTokyo Sitter|東京都港区

庄司紗梨加(しょうじ さりか)
獣医監修ペットシッターOlive Sitterを運営するオリーブジャパン株式会社取締役 保有資格:動物取扱責任者・NPO法人日本ペットシッター協会ペットシッター士・JKC愛犬飼育管理士・免疫マッサージケアリスト