こんにちは。Olive Sitterです。

 

可愛くてたまらない愛猫ちゃん。スキンシップを取ろうと顔を近づけると

「・・・あれ?」うちの子口臭がキツい…と思ったことはありませんか?

“猫は口臭があるもの”と流してしまいがちですが、急激な変化やひどい口臭の場合は

体調不良のサインである可能性もあります。

 

大切な家族であるペットに健康で長生きしていただくためにも

猫の口臭の原因やひどいときの対処、対策についてご紹介します!

 
 

1.食後の口臭は?

ちなみに食事の後に、猫の口からごはんのニオイがしますよね。

これは口臭ではなく、唾液の自浄作用により改善されていきます。

食後時間が経っても不自然にニオイがしたら下記の原因を考えていきましょう。

  

2.【口内環境の悪化】

歯周病

猫にかかわらずペットの口臭の原因として、歯周病があります。

歯周病は歯槽膿漏や虫歯などの原因で歯ぐきが炎症を起こし、歯肉が腫れたり膿がたまったりといった状態になります。

歯周病にかかっていると、生ゴミの腐ったような異臭がします

猫の歯の状態を見てみて、歯が黄ばんでいたり、歯ぐきが赤く腫れたり紫になっている、炎症を起こしている場合には歯周病が進行している可能性が高いでしょう。

 

歯周病のニオイの原因は、ごはんのカスや歯垢をエサにして口臭の原因となる揮発性の高い硫黄化合物が増殖するからです。

歯周病が進行すると、歯のぐらつきがでてきます。固いものやドライフードなどが食べにくくなったり、よだれの量が増えるなどの症状が現れます。

 

かかりやすい印象のある歯周病ですが、予防法として、

「歯磨き」が良いとされています。

毎日の歯磨きにより歯垢をきちんと除去することで予防の効果が高まるでしょう。

しかし、すでに歯周病になってしまっていると歯磨きで治すことは難しいです。その場合には、動物病院で歯石除去などの治療をしましょう。

歯石除去を病院でする際には全身麻酔をすることになりますのでかかりつけの獣医さんに相談してみてください。

 
 

歯石

人間と同様に、猫も食べかすが残ったまま放置してしまうと、歯石ができます。

歯石は、さらに放置していると歯肉炎や歯周病を引き起こす原因となります。 歯石の予防としても、やはり歯ブラシを使った歯磨きを毎日することが一番有効と言われています。

しかし、猫ちゃんで歯磨きをさせてくれる子はなかなか少ないでしょう。

その場合は歯ブラシでなくても、歯ブラシシートなどで拭いてあげるだけでも効果がありますので、歯のケアは定期的にしていきましょう。 もしすでに歯石が出来ている場合は、歯石除去を行っている動物病院を受診してみるとよいでしょう。

 
 
 

3.【毎日の食事】

毎日食べる食事は原材料をチェック

 

最近では猫用ごはんも数多く販売されています。カリカリやウェット、缶詰、手作りなど。

イメージとしてはウェットや缶詰の方が口臭がきつくなりそう、と感じられますが

実は、ドライフードは長期保存もできる反面、水分量が少なく、油分が多いので

食べかすを水分で流しきれないことも。水分が少ないことで唾液が減り、食べかすが口内に残ってしまうと、口の中の細菌が食べかすを分解してしまい、口臭の原因となるガスが発生してしまうのです。

また、油分は口内の酸化を促しますので、口臭が気になる子の場合は、油分の少ないごはんを選ぶようにしましょう。

食いつきをよくするための人口調味料・香料や、保存がきくための保存料などの添加物は、

口臭以外にも猫の健康に様々な悪影響を与える可能性がありますので、

できるだけ注意し、無添加なものをあげられるとよいですね。

 

4.【内臓の病気】

 

食事も気を付けている

歯周病もない

だけど口が臭い

食事に気を付けていて、歯石や歯周病でもない、それでも口臭がひどいという場合は、

内臓の病気を疑ってみましょう。

まずはおしっこやうんちに異常はないかチェックしてみてください。

猫は体の構造上肉食動物と言われています。良かれと思ってあげた野菜や穀物なども

実は消化・吸収するのがとても苦手なのです。

ご飯の材料を確認し、穀類の含有量が多い場合は、消化不良を起こしている可能性があります。 日頃から消化不良を起こしている場合は、下痢になったり、口臭の原因となります。動物性たんぱく質が多く含まれている食事に換えてみるとよいでしょう。

原材料の一つ目に「肉類」が書かれているフードがオススメです。

病気の種類:糖尿病

 

糖尿病は、インスリンと呼ばれるホルモンが膵臓から十分に分泌されなくなったり、インスリンに対する体の反応が鈍ったりすることで血糖値の高い状態が続いてしまう代謝異常です。

インスリンは、糖類を細胞の中に取り込む働きをするホルモンなので、インスリンが機能しなくなると体を動かすエネルギーを作り出すのに必要な糖を取り込めなくなってしまいます。

その結果、糖が血液中にたくさん残った状態になり、尿の中にも糖が含まれるようになってしまうのです。 糖尿病が疑われる場合は、まずはすぐに病院での診察や検査で確かめましょう。

1型と2型でも異なりますが、おおむね症状が軽い場合は、食事療法(療法食など)や運動療法などを行い、糖がたまりにくい身体にするための生活習慣改善を行います。

それでも血糖値をコントロールすることが難しい場合は、インスリンの投与や経口血糖降下薬などの投与をしつつ、食事療法を取り入れて体重を適切に保つなど、病院と家庭での連携治療を継続していく必要があります。

 
 

病気の種類:腎不全

 

腎不全になると、尿毒症性口臭という独特の口臭を発することがあります。アンモニア臭のような不快な臭いが特徴です

 

猫の慢性腎不全とは、尿のろ過を行っているネフロンが緩やかに壊れていき、腎臓が慢性的に機能不全に陥った状態のことです。

急性腎不全ではたった1日で腎臓の機能が破壊されますが、慢性腎不全では数ヶ月~数年かけて徐々に破壊されていきます。

ネフロンとは、腎臓の基本的な機能単位であり、腎小体(じんしょうたい)とそれに続く1本の尿細管(にょうさいかん)から構成されています。

何らかの理由によりこのネフロンが徐々に破壊されていき、数ヶ月~数年かけて徐々に症状の悪化を見るのが慢性腎不全です。

猫の慢性腎不全の症状としては以下のようなものが挙げられます。腎臓が75%以上破壊されてようやく症状が現れることもしばしばです。好発年齢は9歳頃で、年齢の上昇と共に発症率も高まります。

(出典元:https://www.konekono-heya.com/byouki/hinyouki/mansei-jinfuzen.html)

 
 

まとめ

 

口臭といっても、原因がひとつとは限りません。

食事や口内環境、内臓病などあらゆる視点から猫ちゃんの健康を守っていく必要があります。

毎日コミュニケーションやスキンシップを取りながら、こまめにケアしていき

大切な愛猫と健康に長生きしたいですね。

 

ご依頼日が未定の場合も、まずはお気軽にご相談ください✨
✉無料メール相談はこちら

オリーブシッター公式ホームページ

Olive Sitter

ペットシッター・お散歩代行【今だけカウンセリング無料!(通常5,500円)】東京・神奈川・千葉・大阪・札幌で展開中の「ワンランク上のペットシッター」です。有資格の女性シッターがあなたの大切なペットを大切にお世話します。急な出張や旅行の際にご利用ください。この広告を見た方限定のキャンペーンを実施しております。詳しくはHPをご覧ください。

 

著者プロフィール

ペットシッター・お散歩代行ならTokyo Sitter|東京都港区

庄司紗梨加(しょうじ さりか)
獣医監修ペットシッターOlive Sitterを運営するオリーブジャパン株式会社取締役 保有資格:動物取扱責任者・NPO法人日本ペットシッター協会ペットシッター士・JKC愛犬飼育管理士・免疫マッサージケアリスト