ペットシッターとは?ペットホテルとの違いや選び方をご紹介!

ペットを預けたいけれど、ペットシッターとペットホテルのどちらがいいのか迷う…

そのように思う人も多いのではないでしょうか。ペットシッターはどのようなことをしてくれて、ペットホテルはどこまで対応してくれるのか知っておくと、どちらを選べばいいのか分かると思います。

またペットシッターのお仕事に資格はあるのかについても紹介しますので、ペットシッターを利用するときの参考にしてください。

ペットシッターとは

ペットシッターとは

ペットを預けたいけれど、ペットシッターとペットホテルなど違いがよく分からない人も多いのではないでしょうか。

ペットシッターは、依頼者の自宅に訪問し、ペットのお世話や食事、トイレなどの基本的なことを主にします。

ペットシッターによっては、健康管理やトレーニングもしてくれることがあります。

ペットシッターを利用する人の多くは、1~2時間などの短時間での利用が多くなっています。

基本的に1対1でペットの面倒を見るため、預かったペットをしっかりと見てもらえる安心感があるのも特徴です。

本記事ではペットシッターを利用しようと思っている方向けにペットシッターについて解説しているため、ペットシッターになりたい方は以下の記事を参照ください。

ペットシッターになるには資格が必要?学べるところと将来性について解説

 

ペットシッターのサービス内容とは

ペットシッターのサービス内容とは

ペットシッターで依頼が可能な仕事は、依頼者の代わりに自宅でペットを預かってもらうことです。

ペットシッターは、ペットシッター派遣会社や個人で請け負っているペットシッターがあります。

それぞれ対応サービスが異なり、ペットシッター派遣会社では、獣医師と連携したサービスを提供しているところや、家事代行も併せて行ってくれるところもあります。

一方で、個人で請け負っているペットシッターは、細かな依頼やサービスを提供しているところもあります。

それぞれ依頼者が利用するときに、どのそービスをお願いしたいかによって、ペットシッターの利用を決めることをおすすめします。

ペットシッターに依頼が可能な仕事については主に以下のようなことが挙げられます。

  • ご飯の用意
  • 遊び
  • 掃除
  • グルーミング
  • 散歩
  • 健康管理
  • トレーニング

 

ペットシッターを利用するメリット

ペットシッターを利用するメリット

ペットにとって慣れた環境なので、ストレスを感じにくいことが挙げられます。

ペットだけでなく、飼い主にとってもペットホテルや動物病院に預けるときの送迎する負担がありません。

またペットシッターのサービスは対応範囲も広いので、ペットホテルで断られた場合の利用も可能です。

ペットホテルでは、ほかのペットも同時に預かるため、高齢のペットや生後間もないペットを受け入れていないところもあります。

何かトラブルが起きたときに、適切な対応と処置ができなければ問題です。

預かる以上はきちんとした対応のできる範囲で預かるというペットホテルが多く、申し込み時に尋ねられることもあります。

ペットシッターは、1対1でペットを対応するので、急なトラブルの対処をしやすくなっています。

そのため、高齢のペットや生後間もないペットの預かりを受け入れているところが多いです。

またペットのお世話だけでなく、家事の代行を行ってくれるペットシッターもいます。仕事で留守にしがちな人にとっては有難いサービスですね。

そして、セキュリティ面でも鍵に紛失防止タグを付けて管理してくれるペットシッター派遣会社もあります。

本部で一括管理して、ペットシッターの動向や鍵の場所を把握できるシステムを採用しているので、依頼する方も安心です。

知らない人を自宅へ招き入れることに、初めは不安に思いますが、面談や事前に貴重品を片付けておくなどしておけば問題を抑えられるでしょう。

 

ペットホテルとの違いは?

ペットホテルとの違い

ペットホテルは、宿泊を主にしているところが多く、ペットシッターを利用する場合よりも、長時間の預かりに向いています。

またペットシッターとの違いはサービスの時間の他に、ペットに対するスタッフの数が挙げられます。

また複数のペットを預かるため、急な対応の必要性のある高齢で介護の必要なペットや生後間もないペットの利用を断られることもあります。

ペットシッターの利用は、自分のペットのみを見てもらえたり、感染症に対して心配したりせずにすみます。

ペットシッターとペットホテルの特徴とメリットを比較してみましたので、参考にしてください。

 

料金設定1回3,000円前後(90分利用の場合)1泊5,000円前後

ペットシッターペットホテル
サービス内容細かいリクエストに応えてくれる場合もある夜間も預かってくれる
対応できないペットあまりない(ペットシッターによる)発情中、要介護、生後間もないペット
ワクチン接種不要必要緊急時の対応短時間では対応できない夜間も対応してくれる場合も

 

ペットシッターの選び方

ペットシッターの選び方

有資格者が対応してくれるのか、価格設定が明瞭であるかが重要です。

追加で費用がかかる場合は、どの範囲で依頼するかを決めておくことが肝心です。

ペットシッターを選ぶ基準があると、利用するときに選びやすいのではないでしょうか。

  • 有資格者が対応してくれるのか
  • 価格設定が分かりやすいか
  • 利用規約や契約書があるか
  • 補償内容がしっかりしているか

何を優先にすればいいのかは、依頼する人の利用目的に応じて変わってきます。それぞれの基準で選ぶポイントを紹介します。

 

有資格者が対応してくれるのか

有資格者が対応してくれる

ペットシッターの派遣会社に依頼するとき、ペットシッターとしての資格を保有しているスタッフが派遣されるか気になる人もいるのではないでしょうか。

ペットシッターになるには、資格を保有していなくてもなれますが、昨今のペットムーヴによってペットシッターの需要も高く、ペットシッターになるためのハードルも高めです。

したがってペットシッターの資格を保有している方が就職に有利となって働くので、ペットシッターで資格を保有している人がペットシッター派遣会社に登録している人が多いです。

動物看護師の資格を保有していれば、怪我や病気の手当てもしてもらえます。トリマーの資格を持ったペットシッターであれば、トリミングもしてもらえるでしょう。

ペットシッター会社に登録しているスタッフは有資格者が多く、スタッフが保有している割合は多いので有資格者のペットシッターが派遣されることの方が多いです。

100%有資格者のペットシッターはこちら!

 

価格設定が分かりやすいか

価格設定が分かりやすいか

ペットシッターの料金設定は、サービス会社にもよりますが、プランと時間によって設定されています。

プランは基本プランがあり、それにオプションサービスを付けていくことがほとんどです。したがって依頼したい内容と時間をみて、いくらかかるのか料金を確かめます。

そのとき気を付けたいことは、料金の設定が分かりやすいこと、追加で支払うサービスの内容が明確であるかをみることです。

よく分からないまま利用して、あとから思った以上の利用代金の請求が来ることも考えられます。

 

利用規約や契約書があるか

利用規約や契約書があるか

ペットシッターを利用する際には、利用規約の説明や契約書の発行があるかを確かめましょう。

大事なペットを知らない人にお世話の依頼をするわけですから、しっかりと利用に関するペットシッター会社の規約を確かめ、契約を交わすことをおすすめします。

契約書に記載がなかったなど、後でトラブルとなった際に必要以上に揉めることもないでしょう。

知らない人に鍵を預けてペットのお世話をお願いするのですから、万が一のときにも安心できます。

したがって、申し込み時に利用規約や契約書がしっかりあるのかを確かめてから利用しましょう。

 

補償内容がしっかりしているか

保障内容がしっかりしているか

ペットシッターに依頼する場合は、自宅でペットのお世話をお願いするので、何かとトラブルになることも考えられます。

ペットシッター会社によっては、ペットシッター保険を採用しているところもあります。ペットシッター保険の対象となるものをまとめてみました。

  • 家具や家電など家にあるものを壊されてしまった
  • 犬の散歩中にほかの犬と喧嘩して怪我を負わせてしまった
  • ほかの犬に動物病院で治療を受ける怪我を負わせてしまった
  • 鍵を紛失されてしまった
  • トイレに犬の汚物が詰まり、業者に依頼して修理した

など、ペットを預ける際に考えられるトラブルに対処してくれる保険に加入している会社を利用すると安心ですね。

いつどんなことが起きるか分からないので、補償の充実しているペットシッター会社を利用する方が賢明かもしれません。

また、補償がしっかりしていても利用料金が高いことも考えられます。

必要のない補償内容が含まれていれば、費用の安い最低限必要な補償が付いているところを利用してもいいでしょう。

 

ペットシッターを利用するときの注意点

ペットシッターを利用する時の注意点

緊急時や、セキュリティ面で心配なことをきちんと対応してくれるか気になるでしょう。

ペットにもしものことがあれば、動物病院と連携したサービスを提供しているところが安心です。

またセキュリティ面では、鍵にタグをつけることで紛失防止を図ってくれるペットシッター会社もあります。

 

安心してペットを預けたいなら「Olive Sitter」がおすすめ

安心して預けたいならOliveSitterがおすすめがおすすめ

もし、どこのペットシッター会社に依頼しようか迷っているときは、Olive Sitter(旧Tokyo Sitter)を検討されてはどうでしょう。

獣医師がおすすめするペットシッター会社です。
業界初の獣医師監修するペットシッター会社で、動物行動学に基づいたペット目線でのシッティングを提供しています。

ゼネラルリサーチの調査ではペットシッター部門で

  • ペットシッターお客様満足度
  • 信頼できるペットシッター
  • 獣医師がおすすめする

それぞれの部門で1位を獲得しています。

Olive Sitterが扱うサービス内容は、基本的なシッティングに加え、オプショナルプランな豊富にあります。

30分~2時間の短い時間だけ、あるいは1日預かってもらいたいなど、様々な要望に応えてくれます。

在籍するスタッフは100%有資格者で、これまでに15,000件の実績があります。

また急に用事ができた場合でも安心して利用できるように、前日や当日の予約も可能です。

賠償責任保険にも加入しているので、シッティング中のトラブルにもきちんと対処してもらえます。

お客様から預かった鍵には全て紛失防止タグが付けられ、位置情報を本部が一括管理するなどセキュリティ面でもきちんと対策しています。

サービス内容が豊富でセキュリティもしっかりしているOlive Sitterを、検討されてはいかがでしょうか。

最後にOlive Sitterの料金体系とサービス内容を紹介します。

基本シッティングプラン

  • オーダーメイドのお世話内容
  • 家事代行
  • 送迎や付き添い
  • 指定場所でのお世話
30分3,839円
 

60分

5,390円
90分8,085円
120分10,780円
以降30分毎2,695円

※料金は全て税込みです。

「お散歩の他にこれもお願いしたい」と思っている人には、ペットのお世話だけでなく、家事代行もしてくれるのはありがたいサービスですね。

ちなみに、家事代行サービスを併用している人は76%です。

基本プランの他に、多頭飼いの人に向いている2名体制プランや、半日や1日といったロングシッティングプランもあります。

ペットシッターを検討している人は、獣医師が監修し、動物病院と連携したサービスを提供しているOlive Sitterも候補のひとつに入れてみてはいかがでしょう。

Olive Sitterの公式サイトはこちら!

 

ペットシッター・お散歩代行【今だけカウンセリング無料!(通常5,500円)】東京・神奈川・千葉・大阪・札幌で展開中の「ワンランク上のペットシッター」です。有資格の女性シッターがあなたの大切なペットを大切にお世話します。急な出張や旅行の際にご利用ください。この広告を見た方限定のキャンペーンを実施しております。詳しくはHPをご覧ください。

 

著者プロフィール

ペットシッター・お散歩代行ならTokyo Sitter|東京都港区

庄司紗梨加(しょうじ さりか)
獣医監修ペットシッターOlive Sitterを運営するオリーブジャパン株式会社取締役 保有資格:動物取扱責任者・NPO法人日本ペットシッター協会ペットシッター士・JKC愛犬飼育管理士・免疫マッサージケアリスト